・売却相談

不動産の売買は、人生において何度も経験される方は少ないでしょう。
あまり経験がないにも関わらず、大変大きな金額ですので、絶対に失敗は許されません。

是非、多数の販売実績のある弊社にお任せ下さい。
買取、仲介を問わず、誠心誠意ご対応させて頂きます。

不動産売却をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤルで問い合わせ   お問い合わせのページに移動します

 ・任意売却について

任意売却とは

住宅ローン・借入金などの返済が困難になった時、債務者と債権者(各金融機関)の間に仲介者が入り競売にかけずに債務者と債権者双方合意のもと、対象の不動産を任意に売却する事を言います。

 

一般的に不動産物件を購入する際には多くの方がローンの借り入れをします。その際、不動産物件には担保として抵当権が付けられます。
そして将来、物件の購入者が何らかの理由によりローンの返済を滞った場合、抵当権者(お金を貸した側)は抵当権を元に裁判所に競売申し立てをして、債権(ローンの残金)を回収します。これが競売物件です。
不動産競売の場合、落札金額が開札日まで分かりません。
その為、金額については買い手側に不安要素が多く(物件の内見が出来ない、リフォーム等)市場価格より2〜5割低い価格になるケースも多々あります

ご所有の物件が競売により売却されてしまう場合、所有者の方には以下のような不利な状況になってしまう事が多々あります。
相場価格よりも大幅に安い価格で売却されてしまいます。
立退きを余儀なくされた場合、引越し代はもらえません。
ご所有の不動産周辺にお住まいの方に、競売になったことが知られてしまいます。

 

その様な時に任意売却することにより、競売には無い以下のようなメリットが生まれる可能性があります。
周りに多重債務・競売等を知られずに内密に売却できる。
残債務の返済に対して柔軟な処理ができる。
話し合いにより、納得して売却できる。
話し合いにより、引越し費用その他を手当てしてもらう事も可能になる。

 

競売でも任意売却でも残債があれば、当然支払う必要があります。
任意売却の場合は売却時に債権者との話し合いの上、双方の合意に基づき売却が行なわれます。
対して競売の場合は法執行となるので残債の支払方法については債権者との話し合いが出来ないまま執行されてしまいます。
競売後、残債について債権者と残債の支払方法を交渉しなくてはなりません。

不動産がある状態で、交渉出来る任意売却と、不動産が無くなった状態で交渉する競売とではどちらが有利に交渉できるでしょうか?
ローンの支払いが困難になった時、何もせずに競売されるのを待つよりも、任意売却を検討されてはいかがでしょうか?

ご相談は無料です。ぜひジェイレックスに貴方の大切な不動産についてご相談下さい。

フリーダイヤルで問い合わせ   お問い合わせのページに移動します